20220311

サッカーゴール

「サッカーゴールがスロープにかかっていて緊急車両が出入りできません」と木曜日朝に副校長先生からサラマンドラに連絡がありました。たぶん、我々が3/6(日)においた場所がちょいとまずかったのかと思われます。結局、在宅勤務のサラマンドラ保護者が登校して、場所を動かしました。夕方学校とサラマンドラにお詫びしました。私も初めて言われたケースでしたが、ご案内まで。

石灰

部員が増えたので、サッカーのように倉庫を2つにしてほしいと学校にお願いしておりました。しかし残念ながらOKは出ませんでした。ちょいと食い下がりまして、「石灰が場所を取り、粉も舞い上がって衛生上もよくない」ので、学校所有の石灰室に野球の石灰も置かせてもらえないかとお願いしました。中村大地先生と副校長先生とで協議の結果、OKになりました。ライン引きと石灰の袋をケースにいれて、学校の石灰倉庫の右奥に置きたいので、日曜日にご協力をお願いします。

磁石

中古ユニフォームを何人かの部員に買い取って頂いた代金で強力磁石つきのフックを10個買いました(コクヨ製のしっかりしたもので1個1,000円)。倉庫の内壁に張り付いて、ネット等吊り下げられるものの収納に生かします。

椅子

相手チーム用にキャンプ用の椅子を5脚買ってあります。倉庫の右奥に青い袋がつるしてあります。1脚1,000円で資金は同上です。

ブラシ

ブラシがいつの間にかほころびがひどくなり、使える本数が減っているようです。グラウンド整備時間の短縮のため、6本学校に寄附します。Amazon製の小型で1本6,800円です。

ボール

尾田コーチが経営する世田谷区に本拠を置く会社KALDIから、試合球を10ダース寄贈いただきました。ありがとうございました!

体育館

サラマンドラの活動時間に変更があり、土曜日の夕方体育館を使えるようになりました。17-19時です。野球体験と、ピッチング練習に使う予定です。

遊び場開放委員会

3/5(土)明正小にて遊び場開放運営委員会が開催されました。PTA会長、副校長、岩波さん(自治会長夫人)、地域の青少年委員、児童館、BOP、世田谷区のスポーツ推進委員、PTAで遊び場開放を担当している方々、そこにサラマンドラと私という構成です。野球やサッカーがグラウンドを使えるのは、世田谷区からの遊び場開放運営の委託を受けた明正小の指名によるものであることを改めて認識いたしました。学校からも「今後も引き続き、野球やサッカーを通じて、身体を動かし、友達とふれあう場を提供してほしい」と要請いただきました。尚、遊び場開放の本旨は、「地域の方を呼ぶこと」なので、我々の活動も、それに沿ったものであることが必要のようです。

KCRJ

低学年のコーチにはお話してませんでしたが、当チームの高学年に今年、KCレッドジャッカルが合流しています。6年生1名です。人数不足で高学年チームが編成できないことが理由です。代表の富田さんは色々とお世話になったので、先方から相談のあった際に、即答で了承した次第です。

チーム名

世田谷区軟式野球連盟の他に、世田谷区少年野球連盟という団体があり、大会を主催しています。この連盟から我々の”地域の受け皿チーム的活動”について物言いがつき、登録ができないという事態が起きました。結論としては、東奔西走の末、無事に出場できることになりました。細かいことは省きます。

さて、旧ヤンガース、旧ノーティボーイズ、本来なら野球しなかっただろう普通の子どもたち、喜多見ジュニア、KCRJ、色々と受け入れてきました。近隣ではラッキーズも低学年編成ができない状況になっていて、今後もまだ増えるかも知れません。野球の衰退をかえりみず、球団を私物化するシニア指導者が多い中、わたし個人としては、この受け皿的活動を続けたいと思っています。入部しようがしまいがあまりこだわらない感じの野球体験もしばらく続けていくつもりです。

しかしながら、&をいつまでも続けるわけにもいかず、それは連盟の指摘する通りかもしれません。そこで、チーム名はやはり新しく作るべきと思います。いくつかのものを年内に試しながら、学校の意見も聞き、成城○○に落ち着くことを目指します。もしそれも難しいようでしたら、単に成城Aとか成城Cで出場します。その方が格好いいかもしれませんし。

上記をふまえますと、新しいユニフォームの胸の文字は、漢字で成城か、ローマ字でSEIJOになろうかと思います。袖はTOKYOと世田谷ですね。

 

以上です。今週もよろしくお願いします。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。